1. トップページ
  2. 凡のイベント

凡のイベント

イベント情報

凡人社麹町店や営業部の出張展示販売が併設されるイベントをまとめて紹介してます。

無料のイベントも多いので、ぜひご参加ください!!

*他団体様、他企業様主催のイベントにつきましてはこちらをご覧くださいませ。

 


 

[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語サロン研修会@大阪
「語る」というタスクから考える言語理解と言語教育
[日時]
2018年7月21日(土)14:00~15:30(受付開始13:30)
場所:凡人社大阪事務所
(中央区久太郎町4-2-10 大西ビルディング1階)
<アクセス>
[定員]

定員になりましたので締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

25名(先着順,定員になり次第締め切ります)

[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
南雅彦先生(サンフランシスコ州立大学)
[内容]
たとえ母語話者であっても幼児、たとえ成人話者であっても外国語学習者にとって、コミュニケーションを十分に達成することは難しい。
これは伝達道具としての言語能力が「目的を成し遂げるには限られている」という現実に直面してしまうからである。
与えられたタスクが語り(ナラティヴ)となると至難の業となるのかもしれない。
たとえば、母語話者ならびに日本語学習者はどのような談話構造を用いて体験談(ノンフィクション)や架空の出来事(フィクション)を算出するのだろうか。
本研修会では、口頭産出のみならず書記言語を含めて、一貫性と結束性から「優れた語りとは何か」を考察する。

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/上田)]
E-mail: mueda@bonjinsha.co.jp
TEL: 06-4256-2684 FAX: 03-3263-3116
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「7/21 サロン研修会申込み」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【札幌】
日本語サロン研修会@札幌
真の日本語能力が身につく授業の作り方 ~コミュニケーション力と言語的知識の融合をめざして~

[日時]
2018年7月28日(土)10:00~12:00 (受付開始9:30)
場所:TKP札幌カンファレンスセンター7階/カンファレンス7E
(札幌市中央区北3 条西3 丁目1-6 札幌小暮ビル)
<アクセス>
[定員]
定員になりましたので締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

50名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤) 、語学教師
[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
嶋田和子先生(アクラス日本語教育研究所代表理事)
[内容]
近年、「はじめに文型ありき」の教育実践からプロフィシェンシー重視の教育実践へと現場の流れが変わってきています。
しかし、実際には新しい日本語教育の動きは分かっているものの、どのように取り組めばよいのかわからず、
結局旧態依然としたやり方に留まっているケースも見られます。
そこで、コミュニケーションを重視し、しかも語彙や文法もしっかり身につく実践のあり方について、多様な事例をもとにお伝えしたいと思います。
さらに、「現場に役立つヒント」を提示し、「明日のより良い授業作り」にお役立ていただきたいと考えています。

[主催]
凡人社

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「日本語サロン研修会@札幌(7/28)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【札幌】
凡人社教材説明会@札幌
『できる日本語 中級』と『できる中級 ことば・表現ワークブック』の効果的な使い方 ~タスク先行型教材で、4技能をしっかり磨こう!~

[日時]
2018年7月28日(土)13:30~16:00(受付開始13:00)
場所:TKP札幌カンファレンスセンター7階/カンファレンス7E
(札幌市中央区北3条西3丁目1-6札幌小暮ビル)
<アクセス>
[定員]
50名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤) 、語学教師
[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
嶋田和子先生(アクラス日本語教育研究所代表理事)、高見彩子先生(イーストウエスト日本語学校)
[内容]
『できる日本語 中級』は、タスクベースの教科書です。
タスクは、「こんなときどうする?」「見つけた!」「耳でキャッチ」「伝えてみよう」と、4つの種類があります。
こうしたタスクを通して、言語的知識もしっかり磨ける仕掛けになっています。


できる日本語 中級 本冊
著者 嶋田和子監修、できる日本語教材
発刊日 2013年04月08日
出版社名 アルク
定価 3,672円(本体 3,400 円)

研修会では、『できる日本語 中級』、『できる中級 ことば・表現ワークブック』を使って、楽しく、効果的な授業展開について取り上げます。
『ことば・表現ワークブック』は、単独でも使えるように工夫されています。当日は、さまざまな実践例をお見せしながら、
「明日の授業のヒント」をお持ち帰りいただきます。

[主催]
凡人社

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「凡人社教材説明会@札幌(7/28))」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語サロン研修会@大阪
日常会話力がアップする雑談指導のススメ ~良好な人間関係を実現する日本語力を学習者に!~
[日時]
2018年8月4日(土)13:00~14:30(受付開始12:30)
場所:凡人社大阪事務所
(中央区久太郎町4-2-10 大西ビルディング1階)
<アクセス>
[定員]

定員になりましたので締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

25名(先着順,定員になり次第締め切ります)

[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
西郷英樹先生(関西外国語大学)
[内容]
現在主流となっている「課題遂行会話」の指導に対して、雑談指導は対人関係調整の側面を重視した「語用論的指導」です。
では、日本語学習者が周りの人たちとの間に良好な人間関係を構築・維持するためには、どのような「雑談力」を身につける必要があるでしょうか。
学習者の雑談の環境と問題点を明らかにしたうえで、雑談に必要な言語形式とストラテジーを中心に取り上げ、「雑談力」アップの手助けをする方法について、
2018 年5月に発行した『日本語教師のための日常会話力がグーンとアップする雑談指導のススメ』(凡人社)をもとに考えます。
※書籍はお持ちでなくてもご参加OK!当日会場でも販売いたします!


日本語教師のための 日常会話力がグーンとアップする雑談指導のススメ
著者 西郷英樹、清水崇文
発刊日 2018年05月20日
出版社名 凡人社
定価 1,944円(本体 1,800 円)

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/上田)]
E-mail: mueda@bonjinsha.co.jp
TEL: 06-4256-2684 FAX: 03-3263-3116
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「8/4 サロン研修会申込み」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]


 

[ 営業部イベント ]
【千葉】
凡人社教材説明会@千葉
『できる日本語 中級』と『できる中級 ことば・表現ワークブック』の効果的な使い方 ~タスク先行型教材で、4技能をしっかり磨こう!~

[日時]
2018年8月12日(日)13:30~16:30(受付開始13:00)
場所:パレット柏ミーティングルームD
(柏市柏一丁目7-1-301 Day one タワー3階)
<アクセス>
[定員]
定員になりましたので締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

40名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料 ※要予約
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤) 、語学教師
[講師]
嶋田和子先生(アクラス日本語教育研究所代表理事)
森節子先生(イーストウエスト日本語学校)
[内容]
『できる日本語 中級』は、タスクベースの教科書です。タスクは、「こんなときどうする?」「見つけた!」「耳でキャッチ」「伝えてみよう」と、
4つの種類があります。
こうしたタスクを通して、言語的知識もしっかり磨ける仕掛けになっています。
研修会では、『できる日本語 中級』、『できる中級 ことば・表現ワークブック』を使って、楽しく、効果的な授業展開について取り上げます。
『ことば・表現ワークブック』は、単独でも使えるように工夫されています。
当日は、さまざまな実践例をお見せしながら、「明日の授業のヒント」をお持ち帰りいただきます。


できる日本語 中級 本冊
著者 嶋田和子監修、できる日本語教材
発刊日 2013年04月08日
出版社名 アルク
定価 3,672円(本体 3,400 円)

[主催]
凡人社 協力:千葉国際学院

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-3263-3116
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「凡人社教材説明会@千葉(8/12)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]


 

[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語教材まつり2018 in 大阪

[日時]
2018年8月25日(土)13:30~17:20(受付開始13:00)
TKP 大阪本町カンファレンスセンターホール3B
(大阪府大阪市中央区久太郎町3-5-19 大阪DICビル3F )
<アクセス>
[定員]
120 名(先着順。定員になり次第締め切ります)
[参加費]
1,000 円(税込)
[対象]
日本語教育に興味のある方(ボランティア、日本語教師、養成講座受講生など)
[講師]
原沢伊都夫先生(静岡大学国際連携推進機構グローバル教育部門教授)
八木真奈美先生(駿河台大学グローバル教育センター教授)
山内博之先生(実践女子大学文学部国文学科教授)
[内容]
13:30 ~ 14:40 【研修会① 日本語教師のための入門言語学】
原沢伊都夫先生(静岡大学国際連携推進機構グローバル教育部門教授)
日本語を教えるにあたって、日本語教師には「言語学」の知識が必要になります。
「言語学」は日本語教育能力検定試験の出題範囲にも含まれ、中でもとりわけ難しい分野だと言われています。
『日本語教師のための入門言語学』は、難しいとされる言語学の理論を、身近な日本語を例にやさしく解説した本です。
今回の研修会では本書を基に、どのように言語学の知識を日本語教育の現場に役立てるのか、言語にまつわる「ちょっといい話」を交えて、お話しいたします。

14:50 ~ 16:00 【研修会② 話す・考える・社会とつなぐためのリソース ―「教える」教材から「学び合う」教材へ―】
八木真奈美先生(駿河台大学グローバル教育センター教授)
日本語教育の教授法は、文法からコミュニカティブ・アプローチやインターアクション、さらに自己表現へ、また教師主導から学習者中心、
さらに学習者主体へと変化してきました。教材は時の理論の影響を受けますが、近年は学習者の多様性やライフステージとの関わりも注目されています。
そこで、今回は移住・定住外国人学習者のライフストーリーから「学び合う」、あるいは「学習者と社会をつなげる」という新しいコンセプトを持った
教材とその実践を紹介したいと思います。

16:10 ~ 17:20 【研修会③ 「読む」教育を制するのは話題である】
山内博之先生(実践女子大学文学部国文学科教授)
関心の持てない読み物を敢えて読もうとは思わないが、好きな話題の読み物ならどんどん読める。
それが、「読む」ことに関するごく普通の感覚です。
好きな話題の読み物をどんどん読んでいけば、その話題の語彙が身につき、その話題が学習者の十八番(おはこ)になります。
そして、十八番の言語活動があれば、その周辺の話題もやがては十八番になっていき、そうして、学習者のプロフィシェンシーが向上していきます。
本研修会では、学習者の全般的なプロフィシェンシーの向上を見据えた「読む」教育の話をします。

* 当日、各研修の題材書籍や日本語教材の展示・販売を予定しております。会場限定での割り引きあり!
* 内容/スケジュールは変更の場合もございます。
[主催]
アルク、スリーエーネットワーク、凡人社

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「日本語教材まつり2018 in 大阪」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語教師塾大阪Vol.14
「新しい初級の話-テ形以前の日本語教育の可能性-」

[日時]
2018 年8月26日(日)14:00~16:00 (受付開始13時40分)
場所:TKP大阪本町カンファレンスセンターカンファレンスルーム3C
(大阪府大阪市中央区久太郎町3-5-19 大阪DIC ビル)
<アクセス>
[定員]
40名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
2,000 円(税込) 当日受付でお支払いください。
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)
[講師]
山内博之先生(実践女子大学文学部国文学科教授)
[内容]
初級は文法の指導項目が多すぎると思いませんか?サバイバルレベルのコミュニケーションのためには、文法に関してはテ形以前で十分です。
ただし、初級の語彙教育は強化する必要があるのですが、その際には重要なポイントがあります。
今回の日本語教師塾では、文法を動詞のテ形までに圧縮し、その分、ポイントを踏まえて語彙を強化した「新しい初級」を提案します。

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「日本語教師塾大阪Vol.14」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【福岡】
日本語教師塾福岡Vol.7
「話し合い」を評価する~「話し合い」を評価し、教室活動に生かす~

[日時]
2018年9月8日(土)14:00~16:00(受付開始 13:40)
場所:TKPガーデンシティ博多アネックス
(福岡市博多区博多駅前4-11-18 ホテルサンライン福岡博多駅前 2F)
<アクセス>
[定員]
35名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
2,000 円(税込) 当日受付でお支払いください。
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)
[講師]
栁田直美先生(一橋大学国際教育センター准教授)
[内容]
日本語学校などでの教室活動でディスカッションを扱っている方も多くいらっしゃると思います。
ですが、「よい話し合い」とはどのようなものなのでしょうか。決して言語表現や流暢さだけで評価できるものではないはずです。
今回の教師塾では「話し合い」についてのワークショップを通じて、「よい話し合い」についてのイメージが人によってどのように違うのか、
日本語学習者が教室外で価値観や利害の差異を乗り越えてよりよい合意形成を行っていくためにどのようなことが必要なのかについて考えたいと思います。

[主催]
アルク・凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「日本語教師塾福岡Vol.7」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]