1. トップページ
  2. 凡のイベント

凡のイベント

イベント情報

凡人社麹町店や営業部の出張展示販売が併設されるイベントをまとめて紹介してます。

無料のイベントも多いので、ぜひご参加ください!!

*他団体様、他企業様主催のイベントにつきましてはこちらをご覧くださいませ。

 

 


 

[ 麹町イベント ]
【東京】
テーマ: 『ポップカルチャー NEW & OLD』の使い方
~「初中級でもこんなに出来る!」を達成する理論と実践~

[日時]
2017年7月8日(土)14:00~15:30(受付開始13:30)
場所:凡人社麹町店(東京メトロ有楽町線麹町駅・半蔵門線半蔵門駅よりそれぞれ徒歩3分)
<アクセス>
[定員]
定員になりましたので締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料
[講師]
花井善朗先生(ウィスコンシン大学オシュコシュ校外国語外国文学学科准教授、日本語プログラム主任)
[内容]
『ポップカルチャー NEW & OLD: ポップカルチャーで学ぶ初中級日本語』は、近年の日本語学習者の多くが興味を持っている日本のポップカルチャーや大衆文化を題材にした、初中級レベルの日本語教科書です。


ポップカルチャー NEW&OLD ポップカルチャーで学ぶ初中級日本語
著者 花井善朗 著
発刊日 2017年03月24日
出版社名 くろしお出版
定価 2,160円(本体 2,000 円)

 
「学習者の興味を日本語教育の現場に直接的に結び付けるよりよい方法はないだろうか?」「学習のもっと早い段階から文化的な内容を取り扱う必要があるのではないだろうか?」「初中級の学習者でも、より高度な内容理解が可能なのではないだろうか?」このような問題意識を出発点として、この教科書は開発されました。
このサロンでは、教科書作成の理論的背景や想定されるカリキュラムデザイン、実際に行った授業活動の例などを通して、上記の問題意識に応えるコースの実践を提案します。学習者に「初中級レベルでもこんなに出来る!」と思わせられるようなコース作りを、参加者の皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社麹町店)]
E-mail: kojimachiten@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-3238-9125
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「7/8麹町店イベント」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 


 
[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語サロン研修会@大阪
民主的シティズンシップ教育をどう日本語教育に生かすか~ドイツ、小学校教育の見学から~

[日時]
2017年7月22日(土)14:00~16:00(受付開始13:30~)
場所:凡人社大阪事務所(中央区久太郎町4-2-10 大西ビルディング1階)
・地下鉄本町駅15番出口,21番出口 徒歩2分
<アクセス>
[定員]
20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料
[講師]
名嶋義直先生(琉球大学)
[内容]
2015 年日本語教育学会秋季大会(於 沖縄国際大学)のパネルセッション
「これからの日本語教育は何を目指すか― 民主的シティズンシップ教育の実践 ―」
(名嶋義直(東北大学,現 琉球大学)、野呂香代子(ベルリン自由大学)、三輪聖(ハンブルク大学))を受け、
このたびドイツの小学校を訪問し、政治教育の授業とホームルーム活動を見学してきました。
政治教育の理念や教師の関わり方など日本語教育にも有益な示唆が得られました。
その報告をいたします。

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/吉田)]
E-mail: yyoshida@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「7/22 日本語サロン研修会@大阪」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入してお送りください。

[イベントチラシ]

 


 
[ 営業部イベント ]
【福岡】
日本語サロン研修会@福岡
初級総合テキスト『つなぐにほんご 初級1』を使った授業 ~ 同教科書の実践事例を交えた、コンセプトご説明 ~

[日時]
2017年7月23日(日)13:30~16:00(受付開始13:00~)
場所:博多バスターミナル9階 第14ホール
(福岡市博多区博多駅中央街2-1 )
・JR博多駅(博多口)から徒歩1分
<アクセス>
[定員]
30名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料
[講師]
辻 和子先生、小座間 亜依先生(ヒューマンアカデミー日本語学校所属講師)
[内容]
「どんな場面でどんなことができるか」を目標にした,実践型の初級総合テキスト『つなぐにほんご』。


つなぐにほんご 初級1
著者 ヒューマンアカデミー日本語学校教材開発室
発刊日 2017年03月31日
出版社名 アスク出版
定価 2,700円(本体 2,500 円)

 
本書は行動目標に即したシラバスで,最初に実際の場面を想定した場面会話,次に会話で使った文型の確認・練習,
最後に応用練習で習熟度をチェックしていきます。
各課には活動案や読解,作文も盛り込み,4技能をバランスよく伸ばせます。
本説明会では授業での導入事例を交えながら,本書の目指すことや特長を皆さんと共に共有したいと思います。

[共催]
凡人社・アスク出版

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「7/23 つなぐ@福岡」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入してお送りください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 麹町イベント ]
【東京】
民主的シティズンシップ教育をどう日本語教育に生かすか
~ドイツ、小学校教育の見学から~

[日時]
2017年7月29日(土)13:30~15:30(受付開始13:00)
場所:凡人社麹町店(東京メトロ有楽町線麹町駅・半蔵門線半蔵門駅よりそれぞれ徒歩3分)
<アクセス>
[定員]
20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料
[講師]
名嶋義直先生(琉球大学)
[内容]
2015 年日本語教育学会秋季大会(於 沖縄国際大学)のパネルセッション
「これからの日本語教育は何を目指すか― 民主的シティズンシップ教育の実践 ―」
(名嶋義直(東北大学,現 琉球大学)、野呂香代子(ベルリン自由大学)、三輪聖(ハンブルク大学))を受け、
このたびドイツの小学校を訪問し、政治教育の授業とホームルーム活動を見学してきました。
政治教育の理念や教師の関わり方など日本語教育にも有益な示唆が得られました。
その報告をいたします。
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社麹町店)]
E-mail: kojimachiten@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-3238-9125
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「7/29麹町店イベント」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語サロン研修会@大阪
レポート・論文を書くための日本語文法とは?―「使える!」文法をめざして―

[日時]
2017年8月5日(土)14:00~16:00(受付開始13:30~)
場所:凡人社大阪事務所(大阪市中央区本町/地下鉄本町駅より徒歩2分)
<アクセス>
[定員]

定員になりましたので締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料
[講師]
小森万理先生、三井久美子先生
[内容]
学習者のレポートや論文のフィードバックは時間と労力がかかるものです。
作文指導をご担当の先生方は、「何度も同じ文法の誤りを指摘しているのに、なかなか修正されない」、「ここでこの文法を使うのは不自然だけれど、どう説明したらいいだろうか」、「授業中の練習ではできているのに、いざレポートを書かせると、教えたはずの文法が適切に使えていない」など、さまざまな悩みをお持ちのことと思います。
そこで、レポートや論文を書く際に実際に生かせる日本語文法の指導について、『ここがポイント!レポート・論文を書くための日本語文法』の著者といっしょに考えるイベントを行います。
 

ここがポイント! レポート・論文を書くための日本語文法
著者 小森万里、三井久美子 著
発刊日 2016年12月27日
出版社名 くろしお出版
定価 1,728円(本体 1,600 円)

 
 
レポートや論文の中で、適切に文法を運用できるようになるためには、単一文レベルの練習だけでなく、談話レベルでの文法の指導が必要となります。
本教材の著者が、レポートや論文に必要な文法項目の中で、特に学習者が誤りやすいものについて、談話レベルでの文法という視点から文法説明や練習のしかたについて提案いたします。
 
[主催]
凡人社 
協力:くろしお出版
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/吉田)]
E-mail: yyoshida@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「8/5日本語サロン研修会@大阪」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

 
[イベントチラシ]

 
 


 
[ 営業部イベント ]
【名古屋】
東海・北陸地区日本語学校教師研修会Vol.2
グローバル社会における日本語教育~これまでの実践、これからの挑戦

[日時]
2017年8月19日(土)14:00~16:00(受付開始13:30~)
場所:大名古屋ビルヂング5階会議室(中村区名駅3-28-12)
・名古屋駅桜通口出てすぐ

[定員]
40名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
2,000 円(税込) 当日受付でお支払いください。
[講師]
伊東祐郎先生(東京外国語大学副学長/大学院国際日本学研究院教授)
[内容]
30年前と比べ,最近の日本語教師を取り巻く環境はめまぐるしく変化し、日本語教育そのものがグローバル化しています。
学習の方法や指導の仕方もさらに進化し、AI(人工知能)が話題にのぼる昨今、
多文化共生社会をめざした日本語教育はますますダイナミックに展開していく様相にあります。
これまでの自分自身の実践を振り返りながら、今後の「私たち」はどのように「挑戦」できるのか,
皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-3263-3116
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「8/19日本語学校教師研修会Vol.2」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 
[イベントチラシ]

 
 


 
[ 営業部イベント ]
【名古屋】
日本語教材まつり2017 in 名古屋

[日時]
2017年8月26日(土)14:00~17:50(受付開始13:30~)
場所:ウインクあいち901 会議室
   〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
   *(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より徒歩約2分
[定員]
150名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教育に興味のある方
(ボランティア、日本語教師、養成講座受講生など)
[参加費]
1,000 円(税込) 当日受付でお支払いください。
[講師]
原沢伊都夫先生(静岡大学国際交流センター教授)
橋本直幸先生(福岡女子大学国際文理学部講師)
本田弘之先生(北陸先端科学技術大学院大学教授)
[内容]
14:00 ~ 15:10 【研修会① 日本語教師のための 入門言語学】
原沢伊都夫先生/静岡大学国際交流センター教授
日本語を教えるにあたって、日本語教師には「言語学」の知識が必要になります。「言語学」
は日本語教育能力検定試験の出題範囲にも含まれ、中でもとりわけ難しい分野だと言われて
います。『日本語教師のための 入門言語学』は、難しいとされる言語学の理論を、身近な日
本語を例にやさしく解説した本です。今回の研修会では本書を基に、どのように言語学の知
識を日本語教育の現場に役立てるのか、言語にまつわる「ちょっといい話」を交えて、お話
しいたします。
 
15:20 ~ 16:30 【研修会② 「話題別多読」の試み ―語との出会いを保障するために―】
橋本直幸先生/福岡女子大学国際文理学部講師
語彙の習得では、その語と「いかに多く出会うか」がとても大事だと言われています。同じ
テーマの読み物を複数まとめて読む「話題別多読」では、そのテーマを支える重要語に複数
回出会うことが可能となります。今回は既に出版されている多くの読解教材から同一のテー
マの読み物を集めて行った「話題別多読」の試みを紹介します。
 
16:40 ~ 17:50 【研修会③ 読解につながる文字学習】
本田弘之先生/北陸先端科学技術大学院大学教授
日本語はむずかしい言語ではありませんが、文字体系は世界で一番複雑です。ですから、日
本語の読解教育は、文字の学習からはじめなければなりません。ところが、いままで日本語
学習者の多くが漢字圏出身者でしめられていたため、文字教材が軽視される傾向がありまし
た。『ひらがな・カタカナ練習ノート』は非漢字圏の学習者のことを考えてつくられた本格的
な練習帳です。その教材の意味と使い方を考えていきます。
 
[主催]
アルク、スリーエーネットワーク、凡人社
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-3263-3116
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「8/26日本語教材まつり2017」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語教師塾大阪Vol.11
日本語学習者のワーキングメモリと読解能力を考える

[日時]
2017年9月2日(土)14:00~16:00(受付開始13:30~)
場所:愛日会館3階多目的室(大阪市中央区本町4-7-11)
<アクセス>
[定員]
30名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)
[参加費]
2,000 円(税込) *当日受付でお支払いください
[講師]
吉川達先生(佐賀大学 全学教育機構 講師)
[内容]
日本語の文章を読んでいるときの日本語学習者の頭の中はどうなっているのでしょう。それがわかれば読解指導にも役に立つと思いますが、頭の中をのぞくことはできません。
文章を読むとき、非漢字圏学習者であれば、漢字理解が障害となって内容を十分理解するまでには至っていないのでしょうか。
漢字圏学習者は、漢字理解を助けとして文章の内容を十分に理解しているのでしょうか。それは、日本語習熟度の違いによっても変わるのでしょうか。
本教師塾では学習者が日本語を読むメカニズムが一部でも理解できるよう、脳のメモ帳と言われるワーキングメモリ(作動記憶)の働きに注目し、
漢字圏、非漢字圏学習者のワーキングメモリが日本語読解にどのように関わるか、考えたいと思います。
また、読解と一言でいってもスキミング、スキャニング、精読などいろいろな読み方があります。
テストで測ることができる読解能力はそのごく一部なので、読解を多角的にとらえつつ、整理し、どうすれば手応えのある読解練習ができるか考えたいと思います。

 
[主催]
アルク・凡人社
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「9/2日本語教師塾大阪Vol.11」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【福岡】
日本語教師塾福岡Vol.5
本当に行きたい進学先が選べるように ~キャリアデザインから考える進学指導~

[日時]
2017年9月30日(土)14:00~16:00 (受付開始13:30)
場所:博多バスターミナル第12・13 ホール
(福岡市博多区博多駅中央街2-1 )
・JR博多駅(博多口)から徒歩1分
<アクセス>
[定員]
30名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)
[参加費]
2,000 円(税込) *当日受付でお支払いください
[講師]
大嶋智規先生(愛知国際学院)
[内容]
日本語学校における進学指導はどこの学校でも担当の先生方が時間をかけ、苦労をして行っていることと思います。
ここ数年で非漢字圏学習者は爆発的に増加し、多国籍化しています。
そして、日本社会の少子化がますます顕著になる中で、来日する留学生が日本語学校を卒業して進学していく大学・大学院・専門学校の入口も
大きく広がってきています。
私たち日本語学校がしっかり指導をして送り出すことで、受け入れ先の学校との連携はもっと強く取れていけるはずです。
進学指導における日本語学校の役割とは何か、学習者が進学していく上でどんなキャリアデザインが必要なのか、皆さんとともに考えていきたいと思います。

[主催]
凡人社・アルク

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「9/30 日本語教師塾福岡Vol.5」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入してお送りください。

[イベントチラシ]