1. トップページ
  2. 凡のイベント

凡のイベント

イベント情報

凡人社麹町店や営業部の出張展示販売が併設されるイベントをまとめて紹介してます。

無料のイベントも多いので、ぜひご参加ください!!

*他団体様、他企業様主催のイベントにつきましてはこちらをご覧くださいませ。


[ 営業部イベント ]
凡人社オンライン日本語サロン研修会
空気が読める日本語〜非言語の重要性に着目した日本語教育の挑戦
~『キャラクターと学ぶ リアル日本語会話』を使って~

 
定員になりましたので締め切りました
たくさんのお申込みありがとうございました。

 
[日 時] 2022年1月22日(土)10:00~12:00 (オープン 9:40)
[定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります)※満員
[対 象] 主に大学教員、大学院生、日本語教師、日本語教育ボランティア、など
[参加費] 無料 ※要予約、前日(1/21)17時までに招待URLを送ります
[講 師] 山本弘子先生(カイ日本語スクール校長)
     松尾恵美先生(カイ日本語スクール講師)
[内 容]
私たちの日常生活では、いま何時?と問われて、すみません!と謝ったり、ばか!と言われて喜んだりと、言葉だけで考えると不可解なやりとりが少なくありません。
しかし、実際はこんな何気ないやりとりの積み重ねで、私たちの人間関係はつくられていきます。
ことばの外にメッセージを込めるのは日本の専売特許ではありませんが、日本は高コンテキスト文化社会の最右翼とも言えるほど、この傾向が強い特徴を持ちます。
ですから、言葉だけを教えていては、人づきあいがうまくいかない可能性もあります。
そこで私たちは、コミュニケーションの非言語部分に注目し、交流分析という心理学理論を応用した教科書を開発しました。
シェアハウスの5人の外国人と日本人オーナー夫妻の日々を通して,小さな誤解や小競り合いを共に経験しながら,日本語の非言語のキモをつかんでもらえるさまざまな工夫を詰め込みました。 本セミナーでは,本書の目指すところ,特徴,使い方,簡単な交流分析の基本的な考え方や学生の反応,
効果などをお伝えいたします。
 
[書籍▼]

『キャラクターと学ぶ リアル日本語会話』(アルク発行)
 
[主 催] アルク・凡人社
[お問い合わせ・申し込み先]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)
 
[お申し込み▼]
※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。
メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(1/22)」と入れて、
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

 
[チラシ▼]


[ 営業部イベント ]
凡人社オンライン日本語サロン講座(全4回)
日本語教師の成長スイッチ ―当たり前を問い直そう!―
 
[日 時]
第1回:2022年1月29日(土)14:00~17:00(オープン13:40)
    日本語教育の「当たり前」を共有し、その妥当性を考えよう
第2回:2022年2月18日(金)19:00~21:00(オープン18:45)
    教室活動の「当たり前」を考えよう
第3回:2022年3月4日(金)19:00~21:00(オープン18:45)
    教師の役割の「当たり前」を考えよう
第4回:2022年3月19日(土)14:00~17:00(オープン13:40)
    評価の「当たり前」を考えて、さらなる成長につなげよう
 
※オンラインベースですが、第4回は博多より配信予定です。
 対面参加も可能ですのでお申し込みの際、対面希望とご記入もしくはチェックをお願いします。
 対面参加ご希望の参加者の方には詳細をお送りします。
 
[定 員] 各回200名(先着順、定員になり次第締め切ります。)
 
[対 象] 主に日本語教師、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方
 
[参加費] 第1回 無料/第2回~第4回 3,000円(税込)※要予約
※お支払いはクレジット決済(VISAかMASTER)のみとなります。
※お支払い確定後、キャンセルの場合も参加費の返金ができません。
※第2回~第4回はセットでのお申し込みとなります。1回のみの参加でも3,000円となります。
 
[講 師]
石澤徹(東京外国語大学)、伊東克洋(東京外国語大学)、金子史朗(友ランゲージグループ校)、
松尾慎(東京女子大学)、横溝紳一郎(西南学院大学)
 
[内 容]
この2年で、それまで当たり前だったことが大きく変わりました。
変化に対応することは、ときに苦しいことでもありますが、
逆に今がまさに「教師として成長スイッチを押すことができるチャンス」ではないでしょうか。
今回の連続企画を通して、私たちと一緒に「当たり前」を問い直し、
さらなる成長への第一歩を踏み出しましょう。
 
[主 催] 凡人社
[お問い合わせ・お申込み]E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)
 
[お申し込み方法▼]
※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。
メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語教師の成長スイッチ(第1回)」または「日本語教師の成長スイッチ(全回)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
全回お申し込みの皆さまには、決済に必要なURLをお送りします。

 
[チラシ▼]


[ 営業部イベント ]
凡人社オンライン日本語サロン講座
生教材を使った初級への日本語教育試案
 
[日 時] 2022年2月19日(土)10:00~12:00(オープン9:40)
[定 員] 50名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対 象] 主に日本語教師,日本語教育ボランティア,日本語教育に関心のある方
[参加費] 2,000円(税込) ※要予約,前日(2/18)までに招待URLを送ります。
[講 師] 堤良一先生(岡山大学)
    長谷川哲子先生(関西学院大学)
    榎原実香先生(東京工業大学)
[内 容]
日本語学習者からのニーズが高く,中級以上で取り入れられることの増えた生教材。
積極的に導入する学校が増える一方で,初級の授業では書き下ろし教材をメインで使用することがほとんどなのではないでしょうか。
本イベントでは,ほぼコントロールなしの会話音声をメイン教材として設定した場合に,
どのように初級文型を教えられるか,また,場面に合わせた4技能の教授法について,
ワークショップ形式で皆さんと考えてみたいと思います。
 
[主 催] 大阪大学出版会/凡人社
[お問い合わせ・申し込み先]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)
 
[お申し込み▼]
※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。
メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン講座(2/19)」と入れて、
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

 
[チラシ▼]


[ 営業部イベント ]
凡人社オンライン日本語サロン研修会
初中級学習者が雑談に参加するリスニング力を育むために
~『リアルな会話で学ぶにほんご初中級リスニングAlive』を使って~

 
[日 時] 2022年2月19日(土)16:00~17:30(オープン15:40)
[定 員] 250名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対 象] 主に大学教員,大学院生,日本語教師,日本語教育ボランティア,など
[参加費] 無料 ※要予約,前日(2/18)17時までに招待URLを送ります。
[講 師] 鎌田修先生(南山大学特任研究員(元教授)/日本語プロフィシェンシー研究学会会長)
     山森理恵先生(横浜国立大学および東海大学非常勤講師)
     金庭久美子先生(立教大学日本語教育センター特任准教授)
     奥野由紀子先生(東京都立大学教授)
[内 容]
なかなか収束しないコロナ禍で,何気ない日常の雑談の大切さを改めて感じる毎日です。
その雑談=おしゃべりに,早い段階からどんどん慣れてもらうための教材『リアルな会話で学ぶにほんご初中級
リスニングAlive』を開発いたしました。その特徴と,授業での使い方のポイントをご説明します。
生きた,自然な会話を聞いて,楽しみながら当事者として会話に参加する練習を行う『にほんごAlive』を使って,
どのように授業を進め、聞く力とコミュニケーション力を磨いていってもらうか,一緒に考えてみましょう。
 
[書籍▼]

『リアルな会話で学ぶにほんご初中級リスニングAlive』(ジャパンタイムズ出版)
 
[主 催] ジャパンタイムズ出版・凡人社
[お問い合わせ・申し込み先]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)
 
[お申し込み▼]
※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。
メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(2/19午後)」と入れて、
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

 
[チラシ▼]



[ 営業部イベント ]
凡人社オンライン日本語サロン研修会
『技能実習生と日本語教育』を巡って
 
定員になりましたので締め切りました
たくさんのお申込みありがとうございました。

 
[日 時] 2022年2月20日(日)16:00~18:00 (オープン 15:40)
[定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります)※満員
[対 象] 主に大学教員、大学院生、日本語教師、日本語教育ボランティア、など
[参加費] 無料 ※要予約、前々日(2/18)17時までに招待URL送ります。
[講 師] 真嶋潤子先生(大阪大学名誉教授、招へい研究員/ケルン大学(ドイツ)客員研究員)
     道上史絵先生(津山工業高等専門学校 特命助教)
[内 容]
日本語教育界は現在大きく動いています。
政府は「移民政策は取らない」と言うものの、今や留学生よりも多くの技能実習生が来日して働いています。
「失踪・自殺・事件」などよくないイメージで目立っている技能実習生ですが、
受け入れ社会の私たちは、彼らにどのように向き合っていくべきなのでしょうか。
特にベトナム人技能実習生の事例を取り上げながら、
『技能実習生と日本語教育』(大阪大学出版会)の出版以降の状況も踏まえ、
言葉の問題を多面的に考えたいと思います。
 
[書籍▼]

『技能実習生と日本語教育』(大阪大学出版会発行)
 
[主 催] 大阪大学出版会・凡人社
[お問い合わせ・申し込み先]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)
 
[お申し込み▼]
※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。
メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(2/20)と入れて、
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

 
[チラシ▼]