1. トップページ
  2. 商品一覧
  3. OPIによる会話能力の評価 ―テスティング、教育、評価に生かす―

OPIによる会話能力の評価 ―テスティング、教育、評価に生かす―

OPIによる会話能力の評価 ―テスティング、教育、評価に生かす―
画像を拡大
定価 3,080円(本体 2,800 円)
個数:
編者 鎌田修,嶋田和子,三浦謙一
著者 牧野成一,奥野由紀子,李在鎬
判型・ページ数・付属 A5判 264頁
発刊日 2020年02月20日
出版社名 凡人社
商品コード 9700
ISBNコード 9784893589705
OPIを支える理論とは、そして、それを実践して客観的な評価をめざす会話テストとは何でしょう。この本ではOPIの基礎を知ることができます。
この本で扱うのはテストとしてのOPIだけではありません。OPIの最大の目的は被験者に精一杯の能力を発揮させ、評価可能な自然発話を採集することです。どうやって精一杯の力を発揮させるかは、まさしく、教育現場でめざす最大の目的でもありましょう。採集されたデータは日本語の習得プロセスを如実に表します。OPIをどうやって教育に生かすのか。どうやって、習得研究に生かすのか。その方法は? この本をとおしてOPIを利用した教育法、研究法を学ぶことができます。

―目次―
序章:OPIの概略を知ろう(牧野成一)

【第1部】OPIの理論と実践を学ぶ 
第1章:OPIのすがた(鎌田修)
第2章:OPIのインタビューを学ぶ ―インタビューと判定の留意点―(三浦謙一)

【第2部】OPIを教育、研究に生かす 
第1章:教育現場に生かすOPI ―試験開発と教材開発を例として―(嶋田和子)
第2章:教師の成長を支えるOPI ―教師が変われば、授業が変わる―(嶋田和子)
第3章:研究に生かすOPI ―OPIデータが語る日本語の習得過程―(奥野由紀子/)
第4章:研究に生かすOPI ―コーパス化とその活用―(李在鎬) 

終章:OPIの過去・現在・未来(三浦謙一)