1. トップページ
  2. 凡のイベント

凡のイベント

イベント情報

凡人社麹町店や営業部の出張展示販売が併設されるイベントをまとめて紹介してます。

無料のイベントも多いので、ぜひご参加ください!!

*他団体様、他企業様主催のイベントにつきましてはこちらをご覧くださいませ。
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【福岡】
日本語サロン研修会@福岡
音声を教えられる教師になろう~ヤマ、アクセント、イントネーションを中心に~

[日時]
2017年10月28日(土)13:30~15:30  (受付開始13:00)
場所:TKP博多駅筑紫口ビジネスセンター901
   (福岡市博多区博多駅中央街4-8ユーコウビル)  
<アクセス>
[定員]
40名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)
[参加費]
2,000 円(税込) *当日受付でお支払いください
[講師]
河野俊之先生(横浜国立大学教育学部教授)
 
[内容]
ひと昔前と違い、最近,音声教育の教材が多数出版されています。
しかし、実際にそれらを使ってみても、あまり効果がなかったり、学習者がつまらなそうにしたりすることはないでしょうか。
付属のCDをそのまま流して、教材に載っている説明をそのまま繰り返しているだけでは、教師の役割を果たしているとは言えません。
では、教師の役割を果たすとはどういうことでしょうか。どうしたら、教材をよりよく活用できるでしょうか。
また、教材以外に教師がやるべきことはどういうことでしょうか。
 

1日10分の発音練習
著者 河野俊之、串田真知子他著
発刊日 2004年01月01日
出版社名 くろしお出版
定価 2,160円(本体 2,000 円)

 
本研修会では,『1日10分の発音練習』(くろしお出版)を参考に、日々の音声教育で何をどうすればいいか、などについて考えていきます。
また、それ以外にどのような音声教育の方法があり、そのためには、何をどうすればいいか、などについても考えていきます。
今の音声教育教材に満足できない先生、よりよい音声教育ができるようになりたい先生、ぜひ、ご参加ください。
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「日本語サロン研修会@福岡(10/28)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入してお送りください。
 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【鹿児島】
日本語サロン研修会@鹿児島
『教えよう 日本語』~「先生が先生で良かったです!」と言われたい~

[日時]
2017年10月29日(日)13:30~15:30  (受付開始13:00)
場所:鹿児島大学 郡元CP共通教育棟1号館4階グローバルセンター研修室
   (鹿児島市郡元1-21-24)
<アクセス>
※お車でお越しの方は、大学近隣のコインパーキングをご利用ください。 

[定員]
20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)
[参加費]
1,000 円(税込) *当日受付でお支払いください
[講師]
河野俊之先生(横浜国立大学教育学部教授)
 
[内容]
現在、学習者の多様化がますます進んでいます。
そのため、今までの方法では、なかなか教師の思い通りにいかないこともあります。
そこで、今回は、『教えよう 日本語―考え続ける日本語教師になるためのタスク―』(河野俊之・橋本ゆかり著、凡人社発行)をもとに、
どうしたら、より効果的に教えられるかを考えていきます。
 

教えよう 日本語 ―考え続ける日本語教師になるためのタスク―
著者 河野俊之、橋本ゆかり
発刊日 2016年05月20日
出版社名 凡人社
定価 1,512円(本体 1,400 円)

 
特に、「正確さ」養成のための活動であるドリルについてワークショップ形式で考えていきます。
どのようなドリルを行ったらいいか、どのようなキューを用いたらいいか、実際の活動はどのように行ったらいいかなどを考えていきます。
教科書にあるものを順番に進めるのではうまくいかないなあと思っている先生、せっかくやるなら、学習者に「先生が先生でよかったです!」と言われたい先生、
ぜひ、ご参加ください。
 
[主催]
凡人社 協力:鹿児島日本語教育研究会
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「日本語サロン研修会@鹿児島(10/29)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入してお送りください。
 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【北海道】
日本語サロン研修会@札幌
学習者のニーズにあわせた授業の作り方

[日時]
2017年11月11日(土)13:30~15:30(受付開始13:00~)
場所:TKP 札幌駅カンファレンスセンター/カンファレンスルーム2C
(札幌市北区北7 条西2-9 ベルヴュオフィス札幌)
<アクセス>
[定員]
40名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
北海道日本語教育ネットワーク会員 無料
その他 500円(税込)*当日受付でお支払いください。
[講師]
小山暁子先生(フリーランス日本語教師)
[内容]
日本語教師はサービス業です。お客様である学習者に望まれる授業はどのように組み立てているのか、
そのための道具である教材はどうやって選んでいるのかなど具体的にお話しします。
大切なのは、学習者のニーズからブレずにゴールまで伴走していくこと、そのためには教師自身の力を蓄え続けることでしょう。一緒に考えてみましょう。
 
[主催]
凡人社
共催:北海道日本語教育ネットワーク
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-3263-3116
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「11/11日本語サロン研修会@札幌」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【愛知】
東海・北陸地区日本語学校教師研修会vol.3
民主的シティズンシップ教育をどう日本語教育に生かすか ~ドイツ、小学校教育の見学から~

[日時]
2017年11月18日(土)13:30~16:00(受付開始13:00~)
場所:I.C.NAGOYA71 番教室
  (名古屋市中村区名駅3-26-19 名駅永田ビル7 階)
<アクセス>
[定員]
20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
名嶋義直先生(琉球大学国際教育センター)
[内容]
2015 年日本語教育学会秋季大会(於 沖縄国際大学)のパネルセッション「これからの日本語教育は何を目指すか― 民主的シティズンシップ教育の実践 ―」
(名嶋義直(東北大学,現 琉球大学)、野呂香代子(ベルリン自由大学)、三輪聖(ハンブルク大学))を受け、このたびドイツの小学校を訪問し、
政治教育の授業とホームルーム活動を見学してきました。
政治教育の理念や教師の関わり方など日本語教育にも有益な示唆が得られました。
その報告をいたします。
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-3263-3116
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「東海・北陸地区日本語学校教師研修会Vol.3」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語教師塾大阪Vol.12
ピア・ラーニングの考え方と教室活動のデザイン

[日時]
2017年12月9日(土)14:00~17:00(受付開始13:30~)
場所:TKP大阪本町カンファレンスセンター
(大阪市中央区久太郎町3-5-19)
<アクセス>
[定員]
30名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)
[参加費]
2,000 円(税込) *当日受付でお支払いください。
[講師]
岩田夏穂先生(政策研究大学院大学 日本語教育指導者養成プログラム准教授)
[内容]
このセミナーでは、まず、読解、作文、会話等の授業でのピア・ラーニングの実践を紹介し、学習者と教師にとってのピア・ラーニングの意義、活動デザインで留意点、
教室実践でおきうる問題への対処、評価について考えていきます。そして、文法学習が中心になりがちな現場にピア・ラーニングの考え方を取り入れる際に、
教師や学習者が直面する課題や疑問について、参加者のみなさんと意見や経験を共有しながら検討します。
さらに、実際に活動デザインを体験することで、ピア・ラーニングに対する理解を深めることを目指します。
 

ピアで学ぶ大学生・留学生の日本語コミュニケーション
著者 大島弥生、大場理恵子、岩田夏穂、池田玲子
発刊日 2012年02月20日
出版社名 ひつじ書房
定価 1,620円(本体 1,500 円)

 
[主催]
アルク・凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「日本語教師塾大阪Vol.12」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 
[イベントチラシ]