1. トップページ
  2. 凡のイベント

凡のイベント

イベント情報

凡人社麹町店や営業部の出張展示販売が併設されるイベントをまとめて紹介してます。

無料のイベントも多いので、ぜひご参加ください!!

*他団体様、他企業様主催のイベントにつきましてはこちらをご覧くださいませ。

 

 


 

[ 営業部イベント ]
【愛知】
日本語サロン研修会@名古屋
就職活動能力・ビジネス日本語能力の伸ばし方を考える~『伸ばす!就活能力・ビジネス日本語力』(国書刊行会)を用いた授業の紹介

[日時]
2018年9月22日(土)14:00~16:00(受付開始 13:30)
場所:ECC日本語学院名古屋校5階
(名古屋市中区金山1-16-16)
<アクセス>
[定員]
25名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
植木香先生(学校法人長沼スクール東京日本語学校ビジネス日本語科)
木下由紀子先生(学校法人長沼スクール東京日本語学校ビジネス日本語科)
[内容]
長沼スクールが2010年に開設した「ビジネス日本語コース」。このコースで学んだ学生たちが日本企業から得た内定数は230件を超えています。
採用した企業からは,「日本企業で求められるビジネスマナーをよく習得している」という声が寄せられています。
今回、同コースの基本的なレベルの内容をまとめ、『伸ばす!就活能力・ビジネス日本語力』を刊行しました。

伸ばす! 就活能力・ビジネス日本語力
著者 学校法人長沼スクール東京日本語学校 編/小島美智子 監修/植木香、木下由紀子、藤井美音子
発刊日 2018年04月10日
出版社名 国書刊行会
定価 1,944円(本体 1,800 円)

この1冊で、就職活動に必要なスキルだけでなく、ビジネス日本語の基礎が学べます。
さらに異文化に対する視野を広げ、社会人としてのコミュニケーション能力の育成にも役立ちます。

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「9/22日本語サロン研修会@名古屋」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語サロン研修会@大阪
【初心者の方対象】直接教授法をマスターしよう!~五十音図表はどう使うの?~

[日時]
2018年9月22日(土)13:00~15:00 (受付開始12:30)
場所:凡人社大阪事務所
(大阪市中央区本町4-2-10 大西ビルディング1階)
<アクセス>
[定員]

定員になりましたので締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

20 名(先着順。定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
神﨑道太郎先生(高知大学 国際連携推進センター准教授)
[内容]
初級の最初に「あいうえお・・・」と、五十音図を導入しますが、その教え方はご存知ですか?
直接教授法で求められている教授ポイントとどう関連してくるのでしょう。具体的に何がポイントになり導入すればいいのでしょうか。
日本語教育を学び始めたけれども、今ひとつ分からない。教え始めたけれど具体的につかめない。という方々に五十音図の教え方はもちろん、
『①直接教授法の基本的考え方』『②直接教授法の考え方と教科書との関連性』『③教授方法、中でも「既習事項によって未習事項を教えること」を具体的に考える』
という3つのポイントを押さえて頂き、直接教授法を学んでいきましょう。
参加者の皆さんの日頃の疑問や質問にもお応えします!

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/上田)]
E-mail: mueda@bonjinsha.co.jp
TEL: 06-4256-2684 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「9/22 サロン研修会申込み」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 麹町イベント ]
【東京】
中級学習者の漢字についての学びを考える
~『PRACTICAL KANJI<現代社会を読む 700 漢字 Vol.1>』を使って~

[日時]
2018年9月22日(土)13:30~15:15(受付開始13:00)
場所:凡人社麹町店(東京メトロ有楽町線麹町駅・半蔵門線半蔵門駅よりそれぞれ徒歩3分)
<アクセス>
[定員]
20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料
[講師]
戸田佐和先生、滝本いづみ先生、松本美樹先生(公益社団法人国際日本語普及協会 (AJALT)講師)
[内容]
専門学校や大学への進学を希望する学習者、仕事で日本語を使う「大人の学習者」にとって、現代社会に関する様々なトピックやニュース記事を読み取ることは、とても大事です。
そのためには各分野での使用頻度が高い漢字を優先的に学習し、漢字語彙を増やし、使い方を身に付ける。
そうして専門的な情報を読み取れることが有用ではないでしょうか。
本説明会では、『PRACTICAL KANJI<現代社会を読む 700 漢字 Vol.1>』をご紹介しながら、初中級から中級学習者の漢字学習の実践や授業展開ついてお話しする予定です。

PRACTICAL KANJI 現代社会を読む700漢字 Vol.1
著者 公益社団法人国際日本語普及協会
発刊日 2018年05月31日
出版社名 アスク出版
定価 2,484円(本体 2,300 円)

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社麹町店)]
E-mail: kojimachiten@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-3238-9125
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「9/22麹町店イベント」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【広島】
日本語サロン研修会@広島
これからの地域日本語学習支援は何を目指すか ~日本語教育から民主的シティズンシップ教育へ~

[日時]
2018年10月20日(土)14:00~16:30(受付開始13:30)
場所:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前ミーティングルーム5B
(広島市南区大須賀町13-9 ベルヴュオフィス広島)
<アクセス>
[定員]
20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に地域学習支援者日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)、語学教師
[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
名嶋義直先生(琉球大学国際教育センター留学生ユニット)
[内容]
日本では今後ますます外国人が増えるでしょう。その変化を待つまでもなく、すでに「地域」では外国人と「共に生きる」ことが必要不可欠になってきています。
日本語教育の理論や実践的テクニックはもちろん重要ですが、それらにだけ焦点を当てた支援では外国人と「共に生きる」ことにはつながりません。
多文化共生の最前線に立つ地域日本語ボランティア教室、学習支援者は何を目指すべきでしょうか。
私たちの役割はそのコミュニティで暮らす人々が「共に生きる」ことができるように支援することだと考えられます。
あまり聞きなれないかもしれませんが、ドイツでは「民主的シティズンシップ教育」が学校教育で重要な教科になっていて、
子どもたちはそこで繰り返し繰り返し「民主的な方法でいかに主体的に社会と関わるか」を学んで大人になっていきます。
「民主的シティズンシップ」とは、あるコミュニティで共に生きる人が持つ特性やモデルのようなものです。
そこに、「共に生きる」ためになにが必要か、という問いに対するヒントがあるように思います。
今回の日本語サロン研修会@愛媛では、ドイツの小学校訪問の報告、ワークショップも交え、他者と共に生きるということを改めて皆さまと考えたいと思います。

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「日本語サロン研修会@広島(10/20)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【愛知】
日本語サロン研修会@名古屋
日常会話力がアップする雑談指導のススメ ~良好な人間関係を実現する日本語力を学習者へ~

[日時]
2018年10月28日(日)14:00~15:30(受付開始13:30)
場所:ECC 日本語学院名古屋校7階
(名古屋市中区金山1-16-16)※受付は5階になります。
<アクセス>
[定員]
50名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に地域学習支援者日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)、語学教師
[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
西郷英樹先生(関西外国語大学)
[内容]
現在主流となっている「課題遂行会話」の指導に対して、雑談指導は対人関係調整の側面を重視した指導です。
では、日本語学習者が周りの人たちとの間に良好な人間関係を構築・維持するためには、どのような「雑談力」を身につける必要があるでしょうか。
学習者の雑談の環境と問題点を明らかにしたうえで、雑談に必要な言語形式とストラテジーを中心に取り上げ、「雑談力」 アップの手助けをする方法について、
2018年5月に発行した『日本語教師のための日常会話力がグーンとアップする雑談指導のススメ』(凡人社)をもとに考えます。

日本語教師のための 日常会話力がグーンとアップする雑談指導のススメ
著者 西郷英樹、清水崇文
発刊日 2018年05月20日
出版社名 凡人社
定価 1,944円(本体 1,800 円)

※書籍はお持ちでなくてもご参加 OK!当日会場でも販売いたします!

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「日本語サロン研修会@名古屋(10/28)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【神奈川】
凡人社教材説明会@横浜
『できる日本語 中級』と『できる中級 ことば・表現ワークブック』の効果的な使い方 ~タスク先行型教材で、4技能をしっかり磨こう!~

[日時]
2018年11月4日(日)13:30~16:30(受付開始13:00)
場所:TKP 横浜ビジネスセンター/カンファレンスルーム7A
(横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8SY ビル7 階)
<アクセス>
[定員]
50名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤) 、語学教師
[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
嶋田和子先生(アクラス日本語教育研究所代表理事)
渡辺響子先生(イーストウエスト日本語学校)
[内容]
『できる日本語 中級』は、タスクベースの教科書です。タスクは、「こんなときどうする?」「見つけた!」「耳でキャッチ」「伝えてみよう」と、4つの種類があります。
こうしたタスクを通して、言語的知識もしっかり磨ける仕掛けになっています。
研修会では、『できる日本語 中級』、『できる中級 ことば・表現ワークブック』を使って、楽しく、効果的な授業展開について取り上げます。
『ことば・表現ワークブック』は、単独でも使えるように工夫されています。

できる日本語 中級 ことば・表現ワークブック
著者 嶋田和子監修
発刊日 2018年05月21日
出版社名 凡人社
定価 1,728円(本体 1,600 円)

当日は、さまざまな実践例をお見せしながら、「明日の授業のヒント」をお持ち帰りいただきます。

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「凡人社教材説明会@横浜(11/4)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【福岡】
日本語サロン研修会@福岡
日常会話力がグーンとアップする教室指導のススメ~課題遂行会話と雑談のやり方を教えよう~

[日時]
2018年11月10日(土)14:30~17:30(受付開始14:00)
場所:博多バスターミナル第15 ホール(博多区博多駅中央街2-1)
<アクセス>
[定員]
35名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に地域学習支援者日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)、語学教師
[参加費]
1,000 円(税込)※当日お支払いください。
[講師]
清水崇文先生(上智大学)
西郷英樹先生(関西外国語大学)
[内容]
日本語学習者が日々の暮らしで感じる「幸福感」の度合いは、周りの人と良好な社会的関係を築けるかどうかに大きく関わってきます。
そのためにも、日常生活において、場面や相手に応じて適切に課題遂行会話を行ったり、楽しく雑談したりする力は不可欠です。
今回の日本語サロン研修会では、「日常会話」や「コミュニケーション能力」の概念を再考し、日本社会で暮らす日本語学習者の日常会話力がアップする語用論的指導や雑談指導のやり方を、
『コミュニケーション能力を伸ばす授業づくり 日本語教師のための語用論的指導の手引き』(スリーエーネットワーク)と『日本語教師のための日常会話力がグーンとアップする雑談指導のススメ』(凡人社)をもとに考えます。

コミュニケーション能力を伸ばす授業づくり 日本語教師のための語用論的指導の手引き
著者 清水崇文
発刊日 2018年03月31日
出版社名 スリーエーネットワーク
定価 1,512円(本体 1,400 円)
日本語教師のための 日常会話力がグーンとアップする雑談指導のススメ
著者 西郷英樹、清水崇文
発刊日 2018年05月20日
出版社名 凡人社
定価 1,944円(本体 1,800 円)

※書籍はお持ちでなくてもご参加 OK!当日会場でも販売いたします!

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「日本語サロン研修会@福岡(11/10)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【鹿児島】
日本語サロン研修会@鹿児島
日常会話力がグーンとアップする教室指導のススメ~課題遂行会話と雑談のやり方を教えよう~

[日時]
2018年11月11日(日)11:00~14:00(受付開始10:40)
場所:鹿児島大学郡元キャンパス共通教育棟1号館4階グローバルセンター研修室1
(鹿児島市郡元1-21-24)
<アクセス>
[定員]
20名(先着順、定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に地域学習支援者日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)、語学教師
[参加費]
1,000 円(税込)※当日お支払いください。
[講師]
清水崇文先生(上智大学)
西郷英樹先生(関西外国語大学)
[内容]
日本語学習者が日々の暮らしで感じる「幸福感」の度合いは、周りの人と良好な社会的関係を築けるかどうかに大きく関わってきます。
そのためにも、日常生活において、場面や相手に応じて適切に課題遂行会話を行ったり、楽しく雑談したりする力は不可欠です。
今回の日本語サロン研修会では、「日常会話」や「コミュニケーション能力」の概念を再考し、日本社会で暮らす日本語学習者の日常会話力がアップする語用論的指導や雑談指導のやり方を、
『コミュニケーション能力を伸ばす授業づくり 日本語教師のための語用論的指導の手引き』(スリーエーネットワーク)と『日本語教師のための日常会話力がグーンとアップする雑談指導のススメ』(凡人社)をもとに考えます。

コミュニケーション能力を伸ばす授業づくり 日本語教師のための語用論的指導の手引き
著者 清水崇文
発刊日 2018年03月31日
出版社名 スリーエーネットワーク
定価 1,512円(本体 1,400 円)
日本語教師のための 日常会話力がグーンとアップする雑談指導のススメ
著者 西郷英樹、清水崇文
発刊日 2018年05月20日
出版社名 凡人社
定価 1,944円(本体 1,800 円)

※書籍はお持ちでなくてもご参加 OK!当日会場でも販売いたします!

[主催]
凡人社 協力:鹿児島日本語教育研究会
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「日本語サロン研修会@鹿児島(11/11)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【東京】
日本語サロン研修会@東京
真の日本語能力が身につく授業の作り方 ~『できる日本語』シリーズを使って~

[日時]
2019年2月9日(土)13:30~16:30(受付開始13:00)
場所:TKP麹町駅前会議室/ホール8A
(東京都千代田区麹町3-2 麹町共同ビル8階)
<アクセス>
[定員]
100名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)、語学教師
[参加費]
無料 ※要予約
[講師]
嶋田和子先生(アクラス日本語教育研究所代表理事)
[内容]
近年、「はじめに文型ありき」の教育実践からプロフィシェンシー重視の教育実践へと現場の流れが変わってきています。
しかし、実際には新しい日本語教育の動きは分かっているものの、どのように取り組めばよいのかわからず、結局旧態依然としたやり方に留まっているケースも見られます。
そこで、コミュニケーションを重視し、しかも語彙や文法もしっかり身につく授業展開について、『できる日本語』<初級・初中級・中級>の多様な事例をもとに、「現場に役立つヒント」をお伝えします。
どうぞ、「明日のより良い授業作り」にお役立てください。

できる日本語 初級 本冊
著者 嶋田和子監修
発刊日 2011年04月01日
出版社名 アルク
定価 3,672円(本体 3,400 円)

[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「日本語サロン研修会@東京(2/9)」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

[イベントチラシ]