1. トップページ
  2. 凡のイベント

凡のイベント

イベント情報

凡人社麹町店や営業部の出張展示販売が併設されるイベントをまとめて紹介してます。

無料のイベントも多いので、ぜひご参加ください!!

*他団体様、他企業様主催のイベントにつきましてはこちらをご覧くださいませ。

 

 


 

[ 営業部イベント ]
【高知】
日本語サロン研修会@高知
日本語支援をはじめるために必要なもの

[日時]
2019年10月19日(土)11:00~12:30(受付開始10:00)
場所:高知県教育会館 高知城ホール/2階中会議室(高知市丸ノ内2-1-10)

<アクセス>
[対象]
日本語教師(大学,日本語学校,地域支援者など),語学教師など
[参加費]
無料 ※要予約
[定員]
定員:40名(先着順。定員になり次第締め切ります)
[講師]
西川寛之先生(明海大学准教授 外国語学部日本語学科)
[内容/スケジュール]
日本語支援には,いろいろな形がありますが,「日本に来たばかりで,日本語も勉強を始めたばかりの人」に対する支援を取り上げます。「支援の範囲」,「支援者が持つべき知識」,「活動形態」について,どのような形態があるのかを紹介します。
皆さんが行なっている活動とすり合わせながら,「支援者が持つべき知識」についても紹介したいと思います。
*「支援者が持つべき知識」については,初級の学習項目と生活支援を想定しています。

[主催]凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp
※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@高知(10/19)」と入れて,
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【名古屋】
日本語サロン研修会@名古屋
~日本ではたらく外国人に、職場で必要な日本語を教えたい人、注目!~
『はたらくための日本語』シリーズの特長と使い方

[日時]
2019年10月19日(土)13:30~16:00(受付開始13:00)
場所:ASAHI文化学院(名古屋市中川区山王3-10-9)
<アクセス>
[対象]
日本ではたらく外国人に対する、職場で必要な日本語やビジネスマナーの教育・指導に関心のある方。
(主に日本語教師(日本語学校、大学、専門学校、地方自治体、国際交流協会、企業、監理団体等に所属する方))
[参加費]
無料 ※要予約
★参加者全員に、特典として「教材&教師用手引き 抜粋版」を差し上げます!
[定員]
定員になりましたので締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

定員:40名(先着順、定員になり次第締め切ります)
[講師]
(一財)日本国際協力センター(JICE・ジャイス)(『はたらくための日本語』シリーズ 編著者)
[内容]
日本ではたらく外国人は、2018年に約146万人となり、少子高齢化で働き手の減少が避けられない日本にとって、ますます必要不可欠な存在になっていくと考えられます。
日本に定住する外国人にとっては、希望する仕事に就くことは経済的基盤を作るだけでなく、社会の一員としてのアイデンティティにも関わり、生活の大きな要素です。
一方、外国人の就職における日本語力の問題は大きく、加えて、日本の労働慣行や企業文化による暗黙のルールやマナーも、外国人にとっては理解するのが容易ではないでしょう。
このような背景から、初級レベルの学習者でも、就労場面での会話・読み書きとビジネスマナーの知識を身につけ、さらには、求職者がキャリアプランを考え自立的な求職活動ができる、日本語ではたらく総合的な力を養うことを目的に開発、出版されたのが、就労者向け日本語教材『はたらくための日本語』、通称「はたにち」シリーズです。
今回の日本語サロン@名古屋では、(一財)日本国際協力センター(JICE・ジャイス) の教材開発者自ら、「はた日」シリーズの魅力を余すところなくお伝えさせていただきながら、日本ではたらく外国人の養成、支援に必要となることについて、ご参加の皆さまとともに考える時間にできればと思います。
[プログラム]
●『はたらくための日本語』シリーズ発刊の概要(背景、ラインナップ、翻訳対象言語、特徴等)
●「就労のための日本語教育」ニーズの高まり(規制改革推進会議等の政府の動きについて)
●「職場のコミュニケーション」の紹介
・指導の3つのポイント
・レッスンの構成
・レッスンの進め方例
*途中、参加者同士でのやりとりによる、簡単な参加型プログラムも予定しています。
●「職場の語彙と表現」の紹介
・語彙分類と到達目標の進め方
●「キャリアプランニング」の紹介
・日本語教師がキャリア支援に踏み込む?
●質疑応答
※プログラムは、一部変更となる場合があります。

はたらくための日本語 キャリアプランニング(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 2,160円(本体 2,000 円)
はたらくための日本語 職場のコミュニケーションⅠ(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 2,160円(本体 2,000 円)
はたらくための日本語 職場の語彙と表現Ⅰ(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 1,944円(本体 1,800 円)

[主催]ラーンズ・凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp
※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@名古屋(10/19)」と入れて,
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)

[個人情報の取り扱いについて]
お申し込みに際してご提供いただく個人情報は、主催各社間で適切なかたちで共有します。
統計調査およびよりよい商品・サービス開発の目的で利用し、他の目的には利用しません。
上記をご承諾くださる方はお申し込みください。

 


 

[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語サロン研修会@大阪
~日本ではたらく外国人に、職場で必要な日本語を教えたい人、注目!~
『はたらくための日本語』シリーズの特長と使い方

[日時]
2019年10月20日(日)13:30~16:00(受付開始13:00)
場所:愛日会館 2Fイベントホール(大阪市中央区本町4-7-11)
<アクセス>
[対象]
日本ではたらく外国人に対する、職場で必要な日本語やビジネスマナーの教育・指導に関心のある方。
(主に日本語教師(日本語学校、大学、専門学校、地方自治体、国際交流協会、企業、監理団体等に所属する方))
[参加費]
無料 ※要予約
★参加者全員に、特典として「教材&教師用手引き 抜粋版」を差し上げます!
[定員]
定員:50名(先着順。定員になり次第締め切ります)
[講師]
(一財)日本国際協力センター(JICE・ジャイス)(『はたらくための日本語』シリーズ 編著者)
[内容]
日本ではたらく外国人は、2018年に約146万人となり、少子高齢化で働き手の減少が避けられない日本にとって、ますます必要不可欠な存在になっていくと考えられます。
日本に定住する外国人にとっては、希望する仕事に就くことは経済的基盤を作るだけでなく、社会の一員としてのアイデンティティにも関わり、生活の大きな要素です。
一方、外国人の就職における日本語力の問題は大きく、加えて、日本の労働慣行や企業文化による暗黙のルールやマナーも、外国人にとっては理解するのが容易ではないでしょう。
このような背景から、初級レベルの学習者でも、就労場面での会話・読み書きとビジネスマナーの知識を身につけ、さらには、求職者がキャリアプランを考え自立的な求職活動ができる、日本語ではたらく総合的な力を養うことを目的に開発、出版されたのが、就労者向け日本語教材『はたらくための日本語』、通称「はたにち」シリーズです。
今回の日本語サロン@大阪では、(一財)日本国際協力センター(JICE・ジャイス) の教材開発者自ら、「はた日」シリーズの魅力を余すところなくお伝えさせていただきながら、日本ではたらく外国人の養成、支援に必要となることについて、ご参加の皆さまとともに考える時間にできればと思います。
[プログラム]
●『はたらくための日本語』シリーズ発刊の概要(背景、ラインナップ、翻訳対象言語、特徴等)
●「就労のための日本語教育」ニーズの高まり(規制改革推進会議等の政府の動きについて)
●「職場のコミュニケーション」の紹介
・指導の3つのポイント
・レッスンの構成
・レッスンの進め方例
*途中、参加者同士でのやりとりによる、簡単な参加型プログラムも予定しています。
●「職場の語彙と表現」の紹介
・語彙分類と到達目標の進め方
●「キャリアプランニング」の紹介
・日本語教師がキャリア支援に踏み込む?
●質疑応答
※プログラムは、一部変更となる場合があります。

はたらくための日本語 キャリアプランニング(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 2,160円(本体 2,000 円)
はたらくための日本語 職場のコミュニケーションⅠ(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 2,160円(本体 2,000 円)
はたらくための日本語 職場の語彙と表現Ⅰ(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 1,944円(本体 1,800 円)

[主催]ラーンズ・凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp
※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@大阪(10/20)」と入れて,
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)

[個人情報の取り扱いについて]
お申し込みに際してご提供いただく個人情報は、主催各社間で適切なかたちで共有します。
統計調査およびよりよい商品・サービス開発の目的で利用し、他の目的には利用しません。
上記をご承諾くださる方はお申し込みください。

 


 

[ 営業部イベント ]
【富山】
日本語サロン研修会@富山
これからの地域日本語学習支援は何を目指すか ~日本語教育から民主的シティズンシップ教育へ~

[日時]
2019年10月26日(土)14:00~16:30(受付開始13:30)
場所:富山県教育文化会館/501会議室(富山市舟橋北町7-1)

<アクセス>
[対象]
日本語教師(主に地域学習支援者日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤),語学教師
[参加費]
無料 ※要予約
[定員]
定員:40名(先着順。定員になり次第締め切ります)
[講師]
名嶋義直さん(琉球大学国際教育センター留学生ユニット)
[内容/スケジュール]
日本では今後ますます外国人が増えるでしょう。その変化を待つまでもなく,すでに「地域」では外国人と「共に生きる」ことが必要不可欠になってきています。日本語教育の理論や実践的テクニックはもちろん重要ですが,それらにだけ焦点を当てた支援では外国人と「共に生きる」ことにはつながりません。多文化共生の最前線に立つ日本語学校,地域日本語ボランティア教室,学習支援者は何を目指すべきでしょうか。
私たちの役割はそのコミュニティで暮らす人々が「共に生きる」ことができるように支援することだと考えられます。あまり聞きなれないかもしれませんが,ドイツでは「民主的シティズンシップ教育」が学校教育で重要な教科になっていて,子どもたちはそこで繰り返し繰り返し「民主的な方法でいかに主体的に社会と関わるか」を学んで大人になっていきます。
「民主的シティズンシップ」とは,あるコミュニティで共に生きる人が持つ特性やモデルのようなものです。そこに,「共に生きる」ためになにが必要か,という問いに対するヒントがあるように思います。今回の日本語サロン研修会@富山では,ドイツの小学校訪問の報告,ワークショップも交え,他者と共に生きるということを改めて皆さまと考えたいと思います。

[主催]凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp
※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@富山(10/26)」と入れて,
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)

[イベントチラシ]

 


 

[ 営業部イベント ]
【東京】
日本語サロン研修会@東京
~日本ではたらく外国人に、職場で必要な日本語を教えたい人、注目!~
『はたらくための日本語』シリーズの特長と使い方

[日時]
2019年11月9日(土)13:30~16:00(受付開始13:00)
場所:新宿三井ビルディング 15F南 ベネッセ大会議室(東京都新宿区西新宿2-1-1)
<アクセス>
[対象]
日本ではたらく外国人に対する、職場で必要な日本語やビジネスマナーの教育・指導に関心のある方。
(主に日本語教師(日本語学校、大学、専門学校、地方自治体、国際交流協会、企業、監理団体等に所属する方))
[参加費]
無料 ※要予約
★参加者全員に、特典として「教材&教師用手引き 抜粋版」を差し上げます!
[定員]
定員になりましたので締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

定員:50名(先着順、定員になり次第締め切ります)
[講師]
(一財)日本国際協力センター(JICE・ジャイス)(『はたらくための日本語』シリーズ 編著者)
[内容]
日本ではたらく外国人は、2018年に約146万人となり、少子高齢化で働き手の減少が避けられない日本にとって、ますます必要不可欠な存在になっていくと考えられます。
日本に定住する外国人にとっては、希望する仕事に就くことは経済的基盤を作るだけでなく、社会の一員としてのアイデンティティにも関わり、生活の大きな要素です。
一方、外国人の就職における日本語力の問題は大きく、加えて、日本の労働慣行や企業文化による暗黙のルールやマナーも、外国人にとっては理解するのが容易ではないでしょう。
このような背景から、初級レベルの学習者でも、就労場面での会話・読み書きとビジネスマナーの知識を身につけ、さらには、求職者がキャリアプランを考え自立的な求職活動ができる、日本語ではたらく総合的な力を養うことを目的に開発、出版されたのが、就労者向け日本語教材『はたらくための日本語』、通称「はたにち」シリーズです。
今回の日本語サロン@東京では、(一財)日本国際協力センター(JICE・ジャイス) の教材開発者自ら、「はた日」シリーズの魅力を余すところなくお伝えさせていただきながら、日本ではたらく外国人の養成、支援に必要となることについて、ご参加の皆さまとともに考える時間にできればと思います。
[プログラム]
●『はたらくための日本語』シリーズ発刊の概要(背景、ラインナップ、翻訳対象言語、特徴等)
●「就労のための日本語教育」ニーズの高まり(規制改革推進会議等の政府の動きについて)
●「職場のコミュニケーション」の紹介
・指導の3つのポイント
・レッスンの構成
・レッスンの進め方例
*途中、参加者同士でのやりとりによる、簡単な参加型プログラムも予定しています。
●「職場の語彙と表現」の紹介
・語彙分類と到達目標の進め方
●「キャリアプランニング」の紹介
・日本語教師がキャリア支援に踏み込む?
●質疑応答
※プログラムは、一部変更となる場合があります。

はたらくための日本語 キャリアプランニング(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 2,160円(本体 2,000 円)
はたらくための日本語 職場のコミュニケーションⅠ(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 2,160円(本体 2,000 円)
はたらくための日本語 職場の語彙と表現Ⅰ(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 1,944円(本体 1,800 円)

[主催]ラーンズ・凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp
※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@東京(11/9)」と入れて,
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)

[個人情報の取り扱いについて]
お申し込みに際してご提供いただく個人情報は、主催各社間で適切なかたちで共有します。
統計調査およびよりよい商品・サービス開発の目的で利用し、他の目的には利用しません。
上記をご承諾くださる方はお申し込みください。

 


 

[ 営業部イベント ]
【博多】
地域日本語支援セミナー
“「聞く」協力”からはじまる外国人との日本語会話

[日時]
2019年11月10日(日)14時~16時
[場所]
<博多バスターミナル第1・第 2 ホール>
[定員]
80 名(事前予約、先着順)
[対象]
地域の日本語支援に興味のある方、地域日本語支援を担当する公共団体の担当者など
[参加費]無料
 
[講師]
深江新太郎(ふかえ しんたろう)
・「在住外国人が自分らしく生活できるような小さな支援を行う 」をミッションとした NPO 多文化共生プロジェクト代表。
・大学で歴史学と経済学、大学院で感性学を学ぶ。珈琲屋で働きながら独学で日本語教育能力検定試験に合格し日本語教師に。
・文化庁委嘱日本語教育施策アドバイザー。
・学校法人愛和学園 愛和外語学院 教務長。
 
[内容]
日本語教師やボランティアとして活動する中で、日本語がほとんど話せない外国人とコミュニケーションを取る場面がよくあると思います。また区役所では外国人の来庁目的を聞いたり、病院では外国人の症状を聞いたりする場面があるでしょう。そんなとき、なかなか通じなくてヤキモキしたりあきらめてしまったり、ということはないでしょうか。
本ワークショップでは、日本語がままならない外国人と日本語でコミュニケーションをとろうとするとき、どのようにすれば彼らの伝えたいことや考えを引き出すことができるのかについて見出していきます。キーワー ドは“協力”。実際のやりとりの例を見ながら、協力のコツを一緒に考えましょう。
 
[イベントチラシ]

 
[主催]株式会社アルク・株式会社凡人社
[後援]福岡市
 
[申し込み方法]
①下記URLより必要事項をご記入のうえ申し込む
<https://peatix.com/event/1304765/view>
②下記メールより申し込む
ksakai@bonjinsha.co.jp
[件名]1110地域日本語支援セミナー
[必要事項]
氏名(ふりがな)、ご所属、ご連絡先
※本文に上記必要事項をご記入のうえお送りください。
 


 

[ 営業部イベント ]
【福岡】
日本語サロン研修会@福岡
~日本ではたらく外国人に、職場で必要な日本語を教えたい人、注目!~
『はたらくための日本語』シリーズの特長と使い方

[日時]
2019年11月30日(土)13:00~15:30(受付開始12:40)
場所:博多バスターミナル 第8ホール(福岡市博多区博多駅中央街2-1 9階)
<アクセス>
[対象]
日本ではたらく外国人に対する、職場で必要な日本語やビジネスマナーの教育・指導に関心のある方。
(主に日本語教師(日本語学校、大学、専門学校、地方自治体、国際交流協会、企業、監理団体等に所属する方))
[参加費]
無料 ※要予約
★参加者全員に、特典として「教材&教師用手引き 抜粋版」を差し上げます!
[定員]
定員:50名(先着順。定員になり次第締め切ります)
[講師]
(一財)日本国際協力センター(JICE・ジャイス)(『はたらくための日本語』シリーズ 編著者)
[内容]
日本ではたらく外国人は、2018年に約146万人となり、少子高齢化で働き手の減少が避けられない日本にとって、ますます必要不可欠な存在になっていくと考えられます。
日本に定住する外国人にとっては、希望する仕事に就くことは経済的基盤を作るだけでなく、社会の一員としてのアイデンティティにも関わり、生活の大きな要素です。
一方、外国人の就職における日本語力の問題は大きく、加えて、日本の労働慣行や企業文化による暗黙のルールやマナーも、外国人にとっては理解するのが容易ではないでしょう。
このような背景から、初級レベルの学習者でも、就労場面での会話・読み書きとビジネスマナーの知識を身につけ、さらには、求職者がキャリアプランを考え自立的な求職活動ができる、日本語ではたらく総合的な力を養うことを目的に開発、出版されたのが、就労者向け日本語教材『はたらくための日本語』、通称「はたにち」シリーズです。
今回の日本語サロン@福岡では、(一財)日本国際協力センター(JICE・ジャイス) の教材開発者自ら、「はた日」シリーズの魅力を余すところなくお伝えさせていただきながら、日本ではたらく外国人の養成、支援に必要となることについて、ご参加の皆さまとともに考える時間にできればと思います。
[プログラム]
●『はたらくための日本語』シリーズ発刊の概要(背景、ラインナップ、翻訳対象言語、特徴等)
●「就労のための日本語教育」ニーズの高まり(規制改革推進会議等の政府の動きについて)
●「職場のコミュニケーション」の紹介
・指導の3つのポイント
・レッスンの構成
・レッスンの進め方例
*途中、参加者同士でのやりとりによる、簡単な参加型プログラムも予定しています。
●「職場の語彙と表現」の紹介
・語彙分類と到達目標の進め方
●「キャリアプランニング」の紹介
・日本語教師がキャリア支援に踏み込む?
●質疑応答
※プログラムは、一部変更となる場合があります。

はたらくための日本語 キャリアプランニング(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 2,160円(本体 2,000 円)
はたらくための日本語 職場のコミュニケーションⅠ(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 2,160円(本体 2,000 円)
はたらくための日本語 職場の語彙と表現Ⅰ(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 1,944円(本体 1,800 円)

[主催]ラーンズ・凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp
※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@福岡(11/30)」と入れて,
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)

[個人情報の取り扱いについて]
お申し込みに際してご提供いただく個人情報は、主催各社間で適切なかたちで共有します。
統計調査およびよりよい商品・サービス開発の目的で利用し、他の目的には利用しません。
上記をご承諾くださる方はお申し込みください。

 


 

[ 営業部イベント ]
【名古屋】
日本語サロン研修会@名古屋
語彙学習を考えよう
~『語彙ドン!』(くろしお出版発行)コンセプト・活用例とともに~

[日時]
2019年12月1日(日)13:30~15:30(受付開始13:00)
場所:ECC 日本語学院名古屋校
(名古屋市金山 1-16-16 金山ビル7階)
<アクセス>
[対象]
日本語教師(主に地域学習支援者日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤),語学教師
[参加費]
無料 ※要予約
[定員]
定員:60名(先着順、定員になり次第締め切ります)
[講師]
石澤徹先生(東京外国語大学 大学院国際日本学研究院)
[内容/スケジュール]
学習者が「どうやって語彙を覚えればいいかわからない」と悩んでいるとき、皆さんはどんなアドバイスをしますか。『語彙ドン!』は、大学・専門学校で学ぶうえで不可欠なことばを、効率よく・楽しく・繰り返し学習できる教材を提供したいと考えて制作いたしました。
今回の研修会では、コンセプトや活用例を交えたお話をさせていただければと思います。
皆さんの目の前にいる学生の学びをどう支えるか、考えるきっかけにしていただけると幸いです。

講義とワークショップを織り交ぜながら進める予定です。語彙の増やし方についていっしょに考えてみませんか。

 

語彙ドン! vol.1 大学で学ぶためのことば
著者 石澤徹、岩下真澄、伊志嶺安博、桜木ともみ、松下達彦 著
発刊日 2018年06月05日
出版社名 くろしお出版
定価 1,650円(本体 1,500 円)

[主催]
凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp
※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@名古屋(12/1)」と入れて,
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)
 


 

[ 営業部イベント ]
【札幌】
日本語サロン研修会@札幌
~日本ではたらく外国人に、職場で必要な日本語を教えたい人、注目!~
『はたらくための日本語』シリーズの特長と使い方

[日時]
2019年12月14日(土)13:30~16:00(受付開始13:00)
場所:TKP札幌駅カンファレンスセンター カンファレンスルーム2D
(北海道札幌市北区北7条西2丁目9 ベルヴュオフィス札幌2階)
<アクセス>
※【TKP札幌カンファレンスセンター】とは別の会場ですのでご注意ください。
[対象]
日本ではたらく外国人に対する、職場で必要な日本語やビジネスマナーの教育・指導に関心のある方。
(主に日本語教師(日本語学校、大学、専門学校、地方自治体、国際交流協会、企業、監理団体等に所属する方))
[参加費]
無料 ※要予約
★参加者全員に、特典として「教材&教師用手引き 抜粋版」を差し上げます!
[定員]
定員:50名(先着順。定員になり次第締め切ります)
[講師]
(一財)日本国際協力センター(JICE・ジャイス)(『はたらくための日本語』シリーズ 編著者)
[内容]
日本ではたらく外国人は、2018年に約146万人となり、少子高齢化で働き手の減少が避けられない日本にとって、ますます必要不可欠な存在になっていくと考えられます。
日本に定住する外国人にとっては、希望する仕事に就くことは経済的基盤を作るだけでなく、社会の一員としてのアイデンティティにも関わり、生活の大きな要素です。
一方、外国人の就職における日本語力の問題は大きく、加えて、日本の労働慣行や企業文化による暗黙のルールやマナーも、外国人にとっては理解するのが容易ではないでしょう。
このような背景から、初級レベルの学習者でも、就労場面での会話・読み書きとビジネスマナーの知識を身につけ、さらには、求職者がキャリアプランを考え自立的な求職活動ができる、日本語ではたらく総合的な力を養うことを目的に開発、出版されたのが、就労者向け日本語教材『はたらくための日本語』、通称「はたにち」シリーズです。
今回の日本語サロン@札幌では、(一財)日本国際協力センター(JICE・ジャイス) の教材開発者自ら、「はた日」シリーズの魅力を余すところなくお伝えさせていただきながら、日本ではたらく外国人の養成、支援に必要となることについて、ご参加の皆さまとともに考える時間にできればと思います。
[プログラム]
●『はたらくための日本語』シリーズ発刊の概要(背景、ラインナップ、翻訳対象言語、特徴等)
●「就労のための日本語教育」ニーズの高まり(規制改革推進会議等の政府の動きについて)
●「職場のコミュニケーション」の紹介
・指導の3つのポイント
・レッスンの構成
・レッスンの進め方例
*途中、参加者同士でのやりとりによる、簡単な参加型プログラムも予定しています。
●「職場の語彙と表現」の紹介
・語彙分類と到達目標の進め方
●「キャリアプランニング」の紹介
・日本語教師がキャリア支援に踏み込む?
●質疑応答
※プログラムは、一部変更となる場合があります。

はたらくための日本語 キャリアプランニング(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 2,160円(本体 2,000 円)
はたらくための日本語 職場のコミュニケーションⅠ(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 2,160円(本体 2,000 円)
はたらくための日本語 職場の語彙と表現Ⅰ(英語・中国語)
著者 日本国際協力センター(JICE)
発刊日 2019年05月31日
出版社名 ラーンズ
定価 1,944円(本体 1,800 円)

[主催]ラーンズ・凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp
※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@札幌(12/14)」と入れて,
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)

[個人情報の取り扱いについて]
お申し込みに際してご提供いただく個人情報は、主催各社間で適切なかたちで共有します。
統計調査およびよりよい商品・サービス開発の目的で利用し、他の目的には利用しません。
上記をご承諾くださる方はお申し込みください。
 


 

[ 営業部イベント ]
【札幌】
日本語サロン研修会@札幌
読む!考える!初中級読解
~『日本語学習者のための読解厳選テーマ25+10初中級』(凡人社)を使って~

[日時]
2019年12月14日(土)10:00~12:00(受付開始9:30)
場所:TKP札幌駅カンファレンスセンター/カンファレンス2D
(札幌市北区北7条西2丁目9ベルヴュオフィス札幌2階)
<アクセス>
[対象]
主に日本語教師、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方
[参加費]
無料 ※要予約
[定員]
定員:50名(先着順、定員になり次第締め切ります)
[講師]
下郡麻子先生(『日本語学習者のための読解厳選テーマ25+10初中級』著者)
[内容/スケジュール]
文法も語彙もまだまだ積み上がっていない初級のレベルで、「読解なんて無理!」と思っていませんか? 本書は学習者の好奇心をくすぐる読み物を通して、読むだけではない「考える授業、話す授業」へ広げることを目標に作りました。学生との協働の中で必ず指導する側にも新たな発見があるはずです。読んで設問に答えるだけの授業から一歩抜け出し、学習者の意見を持つ力、伝える力を育ててみませんか? セミナーでは、いくつか実践例をお見せしながら皆さまといっしょに考えたいと思います。

 

日本語学習者のための 読解厳選テーマ25+10 [初中級]
著者 清水正幸、下郡麻子、沖中晃子
発刊日 2018年04月27日
出版社名 凡人社
定価 2,200円(本体 2,000 円)

 
[主催]
凡人社
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp
※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@札幌(12/14)午前」と入れて、
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)