1. トップページ
  2. 凡のイベント

凡のイベント

イベント情報

凡人社麹町店や営業部の出張展示販売が併設されるイベントをまとめて紹介してます。

無料のイベントも多いので、ぜひご参加ください!!

*他団体様、他企業様主催のイベントにつきましてはこちらをご覧くださいませ。
 


 
[ 営業部イベント ]
【名古屋】
日本語教材まつり2017 in 名古屋

[日時]
2017年8月26日(土)14:00~17:50(受付開始13:30~)
場所:ウインクあいち901 会議室
   〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
   *(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より徒歩約2分
[定員]
150名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教育に興味のある方
(ボランティア、日本語教師、養成講座受講生など)
[参加費]
1,000 円(税込) 当日受付でお支払いください。
[講師]
原沢伊都夫先生(静岡大学国際交流センター教授)
橋本直幸先生(福岡女子大学国際文理学部講師)
本田弘之先生(北陸先端科学技術大学院大学教授)
[内容]
14:00 ~ 15:10 【研修会① 日本語教師のための 入門言語学】
原沢伊都夫先生/静岡大学国際交流センター教授
日本語を教えるにあたって、日本語教師には「言語学」の知識が必要になります。「言語学」
は日本語教育能力検定試験の出題範囲にも含まれ、中でもとりわけ難しい分野だと言われて
います。『日本語教師のための 入門言語学』は、難しいとされる言語学の理論を、身近な日
本語を例にやさしく解説した本です。今回の研修会では本書を基に、どのように言語学の知
識を日本語教育の現場に役立てるのか、言語にまつわる「ちょっといい話」を交えて、お話
しいたします。
 
15:20 ~ 16:30 【研修会② 「話題別多読」の試み ―語との出会いを保障するために―】
橋本直幸先生/福岡女子大学国際文理学部講師
語彙の習得では、その語と「いかに多く出会うか」がとても大事だと言われています。同じ
テーマの読み物を複数まとめて読む「話題別多読」では、そのテーマを支える重要語に複数
回出会うことが可能となります。今回は既に出版されている多くの読解教材から同一のテー
マの読み物を集めて行った「話題別多読」の試みを紹介します。
 
16:40 ~ 17:50 【研修会③ 読解につながる文字学習】
本田弘之先生/北陸先端科学技術大学院大学教授
日本語はむずかしい言語ではありませんが、文字体系は世界で一番複雑です。ですから、日
本語の読解教育は、文字の学習からはじめなければなりません。ところが、いままで日本語
学習者の多くが漢字圏出身者でしめられていたため、文字教材が軽視される傾向がありまし
た。『ひらがな・カタカナ練習ノート』は非漢字圏の学習者のことを考えてつくられた本格的
な練習帳です。その教材の意味と使い方を考えていきます。
 
[主催]
アルク、スリーエーネットワーク、凡人社
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-3263-3116
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「8/26日本語教材まつり2017」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【大阪】
日本語教師塾大阪Vol.11
日本語学習者のワーキングメモリと読解能力を考える
 
[日時]
2017年9月2日(土)14:00~16:00(受付開始13:30~)
場所:愛日会館3階多目的室(大阪市中央区本町4-7-11)
<アクセス>
[定員]
定員になりましたので締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

30名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)
[参加費]
2,000 円(税込) *当日受付でお支払いください
[講師]
吉川達先生(佐賀大学 全学教育機構 講師)
[内容]
日本語の文章を読んでいるときの日本語学習者の頭の中はどうなっているのでしょう。それがわかれば読解指導にも役に立つと思いますが、頭の中をのぞくことはできません。
文章を読むとき、非漢字圏学習者であれば、漢字理解が障害となって内容を十分理解するまでには至っていないのでしょうか。
漢字圏学習者は、漢字理解を助けとして文章の内容を十分に理解しているのでしょうか。それは、日本語習熟度の違いによっても変わるのでしょうか。
本教師塾では学習者が日本語を読むメカニズムが一部でも理解できるよう、脳のメモ帳と言われるワーキングメモリ(作動記憶)の働きに注目し、
漢字圏、非漢字圏学習者のワーキングメモリが日本語読解にどのように関わるか、考えたいと思います。
また、読解と一言でいってもスキミング、スキャニング、精読などいろいろな読み方があります。
テストで測ることができる読解能力はそのごく一部なので、読解を多角的にとらえつつ、整理し、どうすれば手応えのある読解練習ができるか考えたいと思います。

 
[主催]
アルク・凡人社
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「9/2日本語教師塾大阪Vol.11」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 麹町イベント ]
【東京】
テーマ: 授業を変えてみよう & 横浜国立大学大学院説明会
 
[日時]
2017年9月2日(土)14:00~15:45(受付開始13:30~)
場所:凡人社麹町店(東京メトロ有楽町線麹町駅・半蔵門線半蔵門駅よりそれぞれ徒歩3分)
<アクセス>
[定員]
20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料
[講師]
河野俊之先生(横浜国立大学教育学部)
[内容]
・授業を変えてみよう
「よりよい授業をしたい」というのは日本語教師なら誰でも考えることです。
しかし、自身の授業がどうしたら「よりよい授業」になるのかを考えるのはなかなか難しいものです。
そこで、「よりよい授業」を一足飛びに目指すのではなく、まずは、今の授業を変えてみることを考えてみます。
初級授業の「学習項目の導入」を材料とします。「学習項目の導入」は日本語教師なら必ず扱ったことがあり、
また、多数の教師用指導書、参考書等にも載っています。
つまり、教え方が固定しており、それで特に問題とされないと言えるでしょう。しかし、それを変えてみることで、
「よりよい授業」につながっていくと考えられます。皆さんと、実際の授業を見ながら、授業を変える方法について、具体的に考えていきたいと思います。
なお、これは、講師が勤める大学院の授業でも扱ったものです。
 
・横浜国立大学大学院説明会
講師が勤める横浜国立大学大学院教育学研究科日本語教育領域の説明会を行います。
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社麹町店)]
E-mail: kojimachiten@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-3238-9125
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「9/2麹町店イベント」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 
 


 
 
[ 麹町イベント ]
【東京】
テーマ: 『いろは First Encounter with the Japanese Language』の内容と特徴
~ゼロ初級でしたいこと、できること~
 
[日時]
2017年9月9日(土)14:00~15:30(受付開始13:30~)
場所:凡人社麹町店(東京メトロ有楽町線麹町駅・半蔵門線半蔵門駅よりそれぞれ徒歩3分)
<アクセス>
[定員]
20名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
無料
[講師]
大知春華先生(早稲田大学日本語教育センター非常勤インストラクター)
菊池富美子先生(明治大学国際日本学部兼任講師)
東郷美香先生(国際交流基金日本語国際センター嘱託)
[内容]
『いろは』はこれから日本語学習を始めようとする方に向けた教材です。
インターネットの発達や日本企業の海外展開によって、「ゼロ初級」レベルの学習者であっても、
日本と日本語をまったく知らないということは少なくなっています。
 

いろは First Encounter with the Japanese Language
著者 大知春華、菊池富美子、東郷美香 著
発刊日 2017年05月30日
定価 1,620円(本体 1,500 円)

 
 
本書は、音やビジュアルにこだわり、日本語への興味を引き出しながら学習をスタートさせることを目指しました。
本説明会では、本書の内容や特徴を著者からご紹介します。そして、かなの読み書きだけではない、ゼロ初級でできることにはどのようなことがあるか、
皆さんの経験を共有しながらいっしょに考えてみたいと思います。
 
[主催]
凡人社 
協力:アスク出版
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社麹町店)]
E-mail: kojimachiten@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-3238-9125
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「9/9いろは」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【福岡】
日本語サロン研修会@福岡 特別編
 
[日時]
2017年9月10日(日)13:30~16:30(受付開始13:00~)
場所:博多バスターミナル9階 第3・4ホール
(福岡市博多区博多駅中央街2-1 )
・JR博多駅(博多口)から徒歩1分
<アクセス>
[定員]
60名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教育に興味のある方
(地域支援者、日本語教師、養成講座受講生など)
[参加費]
2,000 円(税込) *当日受付でお支払いください
[講師]
奥田純子先生(コミュニカ学院 学院長)
山本弘子先生(カイ日本語スクール 代表)
[内容]
13:30~14:50
【ワークショップ すぐに役に立たないことを継続する日本語教師になろう】
奥田純子先生(コミュニカ学院 学院長)
「会話、作文、読解、漢字の導入をどうしよう・・・」、さらに日本語能力試験対策、日本留学試験対策の試験対策、授業の準備に追われ、
立ち止まる時間もないほど毎日忙しく過ごしている先生方は多いのではないでしょうか。
今回の研修ではそんな先生方に一度立ち止まり、見つめ直す、教師の心構えをお話します。
化石化する前に「気づき」10年後も自信を持って日本語教師を続けましょう。
 
15:00~16:10
【研修会 日本語学校で始めるICT】
山本弘子先生(カイ日本語スクール 代表)
学生がみんなスマホを持ち歩く時代となりました。ICTの登場で生活が大きく変化し、学生たちもデジタルネイティブと言われる世代に変わりつつあります。
カイでは2年前に全学生にiPadを配布し、教師も学生もタブレットを使った授業を始めました。
導入後2年経った今、授業は予習を中心とし、応用練習に使う時間が増えたおかげでアクティブラーニングの質も上がっています。
85%が非漢字圏出身者という現場で、今は必須のツールとなっている現在の状況を、導入の苦労話を交えてお話します。
 
16:10~16:30
【質疑応答・まとめ】
モデレーター:溝部エリ子(北九州YMCA日本語教育アドバイザー)
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「9/10 日本語サロン研修会@福岡」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入してお送りください。
 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【名古屋】
日本語サロン研修会@名古屋
『テーマ別上級で学ぶ日本語 三訂版』を使った上級の指導

[日時]
2017年9月24日(日)14:00~16:30(受付開始13:30~)
場所:ECC 日本語学院名古屋校(中区金山 1-16-16)
   ・JR 金山駅中央改札口 徒歩 2 分
   ・地下鉄金山駅 5 番出口 徒歩 2 分
[定員]
60名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[参加費]
2,000 円(税込) 当日受付でお支払いください。
※受付は5階です。
[講師]
亀田美保先生(大阪 YMCA)
惟任将彦先生(名古屋 YMCA)
[内容]
「テーマ別」の愛称で、初版発行以来20年にわたり、国内外の日本語学校や地域ボランティア活動の現場などで、多くの支持いただきました。
2014年、『中級から学ぶ日本語』が三訂版として再改訂され、昨年『上級で学ぶ日本語』(研究社)も再改訂されました。
 

テーマ別 上級で学ぶ日本語〈三訂版〉
著者 松田浩志、亀田美保
発刊日 2016年12月19日
出版社名 研究社
定価 2,592円(本体 2,400 円)

 
 
日本語教育の現場では、時代の変化とともに、学習者層、学習ニーズ、学び方も大きく変わってきており、再改訂版ではその変化にあわせ、
15課すべての本文を書き下ろすと同時に本文の長さや使用語彙数、新規学習項目数の制限、漢字の提出方法など工夫し、
より効率の良い、効果のあるものを目指しました。
今回の研修会では、『上級で学ぶ日本語』の方針と狙い、旧版との変更点を中心にお話し、実際に教室活動でどのように使っていくか
皆さまと考えていきたいと思います。
 
[主催]
研究社・凡人社
*協力:ECC日本語学院名古屋校
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3263-3959 FAX: 03-3263-3116
※Eメールでお申し込みの際は、
タイトルに「9/24日本語サロン研修会@名古屋」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
 
[イベントチラシ]

 
 


 
 
[ 営業部イベント ]
【福岡】
日本語教師塾福岡Vol.5
本当に行きたい進学先が選べるように ~キャリアデザインから考える進学指導~

[日時]
2017年9月30日(土)14:00~16:00 (受付開始13:30)
場所:博多バスターミナル第12・13 ホール
(福岡市博多区博多駅中央街2-1 )
・JR博多駅(博多口)から徒歩1分
<アクセス>
[定員]
30名(先着順,定員になり次第締め切ります)
[対象]
日本語教師(主に日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤)
[参加費]
2,000 円(税込) *当日受付でお支払いください
[講師]
大嶋智規先生(愛知国際学院)
[内容]
日本語学校における進学指導はどこの学校でも担当の先生方が時間をかけ、苦労をして行っていることと思います。
ここ数年で非漢字圏学習者は爆発的に増加し、多国籍化しています。
そして、日本社会の少子化がますます顕著になる中で、来日する留学生が日本語学校を卒業して進学していく大学・大学院・専門学校の入口も
大きく広がってきています。
私たち日本語学校がしっかり指導をして送り出すことで、受け入れ先の学校との連携はもっと強く取れていけるはずです。
進学指導における日本語学校の役割とは何か、学習者が進学していく上でどんなキャリアデザインが必要なのか、皆さんとともに考えていきたいと思います。
 
[主催]
凡人社・アルク
 
[お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)]
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
TEL: 03-3239-8673 FAX: 03-6733-7887
※Eメールでお申し込みの際は、タイトルに「9/30 日本語教師塾福岡Vol.5」と入れて、
本文にご氏名(ふりがな)・ご所属・ご連絡先をご記入してお送りください。

[イベントチラシ]